医薬品


ヘルペスに効く薬

日差し 小児にも用いられる事が有る、アシクロビルを200mgあるいは400mgでの含有となるゾビラックスとは、ヘルペスをはじめとし帯状疱疹や水疱瘡等の皮膚に病巣を作り出すウィルスに対して効果を発揮する薬になり、ヘルペスは細菌とはまた異なるウィルスが細胞に感染する事で細胞内で増殖を始め皮膚や粘膜に水膨れを作り出すのが特徴とされる症状であり、その際に感染部位にピリピリとする痛みや発赤が起こります。
ゾビラックスは、上述した症状を抑える事が出来る抗ウィルス薬となり、増殖する事を抑制する事が出来るとされ、感染初期に用いる事でウィルスが少ない状態での内服がより有効性を高めると考えられています。
薬理としては、成分が感染細胞内に取り込まれる事により活性化する事でウィルスのDNAが複製させる事を阻害する事ができ、ウィルス自体が非常に強力なので完全に体内から取除く事は出来ませんが、臨床試験では本剤を用いた事で半年内で痛み等が残る事が半数に減ったという報告も有り、体調の変化等によっても再発してしまうがあるので常備しておく事も一つの対策となります。
本症は、性器や口唇、あるいは皮膚が柔らかい所に病巣を作り出すとされ感染部位やその症状によっても剤形を変える事があり、一般的に用いられているのが経口内服する事で効果を発揮する錠剤ですが、口に感染した際には塗り薬、重い症状となる際には液剤を直接注射する事もあり適宜医師の判断で用いる剤形が異なります。
本剤は副作用が少ない方であるとされ、起こる可能性があるのが胃腸に対してであり下痢や吐き気等を催す事があり他には頭痛や目眩、眠気等を挙げる事ができ、腎臓に疾患を抱えている際には排尿を遅れさせてしまう事があり意識へ障害が起こる事もあるので慎重な投与を必要とし、多量な投薬は精神に変調を来す可能性が有るので用いる用量は個人で判断する事は控える様にして下さい。
又、上記にも記載しましが完全にウィルスを体から取除く事が出来ないので再発を起こさない為に生活の習慣を見直す事等の工夫も大切な治療になります。