医薬品


再発する事があるヘルペス

ヘルペス ヘルペスとは、ウィルス性の感染症の一種であり本症イコール性病という印象もありますが必ずしもそうではなく、幼少期では水疱瘡として起こるのも本症の一種とされ誰しもの身近にいるウィルスを原因に感染を起こす疾患になり、また多くの人の体内にはこのウィルスを保持していると言われ風邪をはじめ体調の変化や精神への負担が重なった際に誘因される事があり生じる事もあります。
また保有しているからといっても表に出ない事もあり、また何度と再発を繰り返してしまう方もいて、これは現代医学でも完全に体内からウィルスを取り除く事が出来ず、あくまえも抑えるに留まる事を示しています。
原因ウィルスが感染する事で発症する機会を持ちますが、感染力が非常に強いとされ罹患者の患部に直接接触する事で感染する事はもちろんの事、使用済みのタオルやコップからでも移る事はあり、家族間に罹患者がいた際には蔓延する可能性もあり感染したからといって直に発症とはならず年単位で潜伏してから発症となる事もあります。
性病としての印象が強いヘルペスですが、この場合には性行為が経路となり粘膜の接触により起こるとされキスでも感染しまた特殊ではあるものの肛門で行為に及んだ際には大腸あるいは周囲に病巣が作られる事があります。
また症状としては接触部位に病巣として水膨れが現れる事に先立って、ピリピリあるいはチクチクといった違和感を感じる様になり同時に火照りや痒みが現れう様にもなり、こういった自覚症状があってから約12時間以内には赤く腫れ水膨れとなりやがて破裂しやがて瘡蓋となり、この時に直接触れる事や粘膜あるいは傷がある皮膚が接触してしまうと相手にも感染させてしまいます。
また自覚症状の段階が最もウィルスの活動が活発化していると言われ、その段階で治療を始める事が出来れば二週間程で早期治癒を目指す事も出来るので身近に起こる疾患だけに知識として蓄えておく事が大切になります。