医薬品


抗ウィルス薬ゾビラックス

女の人 ヘルペスの原因ウィルスは細菌とはまた別の微生物にあたり、その大きさも細菌よりも小さく、感染部位同士が直接接触する事で人から人へと感染し細胞の中で増殖していく事で皮膚の表面上の粘膜に水膨れを作り上げるのが特徴な症状となり、性病を含む単純ヘルペスをはじめ水疱瘡や帯状疱疹等がその代表的な疾患になり水膨れを作り上げる以外にもウィルスが暴れだしてしまう事により発赤したり電気が走った様なビリビリとした痛みを伴います。
こういったウィルスに対して用いられるゾビラックスとは、感染初期の段階で用いる事で高い効果を発揮し病状が悪化してしまう前に抑える事ができ、治癒するまでにかかる時間を短縮させる事が出来ます。
薬理としては、投与する事でウィルスが感染した細胞の中で活性化する事によりDNA鎖が伸長する事を停止させ増殖する為に複製される事を阻害してくれ、ゾビラックスは経口投与する抗ウィルス薬になり、安全性が高くまた比較的に副作用が少ないともされるので性病として性器に出来たものや口唇等、各種のヘルペスに多く用いられる機会のある薬になり、経口投与薬以外にも同一アシクロビル成分の外用薬に当たる塗り薬や液剤を直接投与する注射剤もあります。
持病やアレルギーを持つ方は本剤の投与が行えない事があり、肝臓や腎臓に疾患がある方や高齢の方は特に薬が体外に排泄される事が遅れがちになるので慎重な投与が必要になるあるいは投与が行えない事があります。
また副作用の症状が現れやすくしてしまう薬に痛風の治療薬やタガメットという胃薬、テオドールという喘息の治療薬と併用する事で発現率を高める事あるのでゾビラックスとの併用には注意が必要となります。
副作用の症状には吐き気や下痢等の胃腸に症状が現れる事や皮膚に発疹が出来る等の皮膚症状、あるいは頭痛や眠気等が挙げられ初期の症状には念の為に注意して下さい。
性病に限らず治癒しない状態での感染部位の接触は感染を広める原因に繋がり、また完全に体内でウィルスを死滅させる事は出来ないので再発するケースもあるので一度感染した際にはその後の体調管理等も大切な治療法の一つになります。